セミリタイア資産3500万円で月10万円生活するブログ

ヤモリ式おひとり様セミリタイア術

セミリタイア資金3500万円が貯まるまで①「マイナス270万円からのスタート」

f:id:arafo-ohitorisama:20210803045818p:plain
ごきげんよう、おひとり様セミリタイア中のヤモリです。

現在、資産3500万円を達成した私ですが、22歳の新卒当時の手取りは20万円に届きませんでした。そこから15年でどうやって3500万円ものセミリタイア資金を貯められたのか書いてみようと思います。

これからセミリタイア資金を貯めようと思う人は参考までにご覧くださいね。

※身バレ防止のため一部フェイクを入れることがあります。ご了承ください。

 

 PVアクセスランキング にほんブログ村

 

初任給の手取りは20万円未満

4年制の大学を卒業後にそのまま地元企業に就職しました。就いた職業はコールセンターのオペレーターで給料は決して多くはありませんでした。初任給の手取りは20万円未満でたしか18~19万円くらいだったと思います。1年目の税金が引かれていない状態でその金額なので、2年目はもっと少なかったでしょうね😅 それでも地元では名のある企業だったようで、地方都市の初任給としては悪くない方でした。

生活費は月13~15万円前後と一人暮らしの平均からそう遠くありませんでした。無駄遣いしなければ月に数万円の貯金もできます。

 

マイナス270万円からのスタート

当初の貯蓄額は30万円ほど……ではなく-270万円です。奨学金を使って大学に通っていたので、その返済が300万円ほどありました。現在は完済していますが、3500万円への道はマイナスからのスタートでした。

といっても、その頃から「よし、セミリタイアのために3500万円貯めるぞ!」と思っていたわけではありません。

むしろ、物欲がないのに「労働に耐えたご褒美として何か買わなきゃやってられない」と思って、給料日が来るたび、ボーナスが入るたびに無理にでもなにか買うものを探していました。

このころお金を使っていたものの代表はカバン、化粧品、服などです。

 

3000円のコスメは高い?安い?

当時の私はたいして使いもしないのに3500円のマキアージュのアイシャドウとか持ってました(ほとんど使わずに捨てることになりました)。このころ買っていた化粧品は下地もファンデーションも、基本的に3000円前後のものが多かったです。安月給の私がなぜこんなに高いコスメをせっせと買っていたのか? おしゃれにすごく気を使っていたわけでもなければ、化粧品にこだわりを持っていたわけでもありません。当時読んでいたファッション誌に当然のように「社会人なら最低でも3000円くらいのコスメを使いましょう」と書いてあったからです。そして、その雑誌の中では5000円や1万円のラインの化粧品特集も組まれていて、松竹梅で言うと3000円のコスメは梅です。そうするとあら不思議、3000円の化粧下地がとっても安い買い物に思えてくるのです。

 

そしてカバンもなぜか「このくらいの年齢ならこの値段が妥当ですよ~」みたいな特集が組まれていて、そこでは3万も5万もするブランド物のバッグが紹介されていました。そこまではさすがに高いと当時の私も感じたのか、あまり有名ではないブランドの1万円バッグに変更しましたが、「1万円の通勤カバンはリーズナブルな方。節約できたっ!」って本気で思ってました。

ファッション誌に書いてある年齢と価格との結び付けを「あ、これが社会の普通なんだ。じゃあ、私もそうしなきゃ」ってなんの根拠もなく信じていたんです。若いって怖いですね^^;

 

貯蓄のきっかけ

その後、特にこだわりのない義務感だけの買い物をやめて貯蓄に励むようになったのは、物を買っても心が満たされなかったからです。

 

欲しい物がないのに物を買わなければならない。

そのためには好きでもない労働をしなければならない。

なんでこんな望んでもいないことをしているんだろう?

 

うすうす気づいていた違和感に、自分をごまかすのもついに限界です。

でも、そうすると今度は「じゃあ、何のために生きるんだろう?」という疑問も頭をもたげてきます。物欲だけでなく、結婚や子供を持つことにも憧れを持てなかった私はこのころから人生に疑問を感じていて、何度となく鬱傾向になっていきます。

 

ひとまず、考え方をこのように変えました。

無理に今お金を使うのをやめて、将来なにかやりたいことができた時のために貯めておこう。ギターが弾きたくなるかもしれないし、旅行に行きたくなるかもしれないし、資格を取るための学費が必要になるかもしれない。そうなった時に本当に買いたいものを我慢せずに買えるようにしよう

本当に欲しいものが見つかるまで、買うことを保留にしたのです。

これはよい判断でした。

それまで買い物で労働のストレスを発散してもちっともスッキリしなかった心が少しだけ楽になりました。特に目標額は決めていなかったのですが、貯金が増える度に「これがあったらあんなことやこんなこともできるかな」と空想する楽しみが増えました。

 

続きます。

 

あとがき

ナンバリングすると続きを書けなかった時に面倒くさくなるのでどうしようか迷ったのですが、連載に挑戦です(不定期更新です笑)。思い出しながらなのでエピソードの順番や時系列などは前後するかもしれませんが、年収が上がるまでの経緯や考え方の変化なども綴っていこうと思います。

 

以上、ヤモリでした。

 

「面白かった」「続きが気になる」と思った方はポチお願いします。

セミリタイア生活 (ブログを書くモチベが上がります)

 

  次回:セミリタイア資金3500万円が貯まるまで②「ぶっちゃけ転職です」

 

 

おひとり様セミリタイア生活が知りたいなら、人気ブログランキングへ☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ