【セミリタイアとは何か?】FIRE達成者1005人へのアンケート結果が示す驚愕の事実

セミリタイア論

ごきげんよう、おひとり様セミリタイア中のヤモリです。

LENDEXが9月29日に発表した「FIRE実現」に関する調査結果について記事にしました。同調査は2021年9月9日~10日にインターネット調査でFIRE成功者1005人を対象に行われています。FIRE達成者とはなっていますがFIRE後も労働を続けるサイドFIRE(セミリタイア)も含まれており、なかなか驚愕的な結果になっているので一部を抜粋しながらご紹介します。

FIRE・セミリタイアの準備を始めた時期はいつ?

ミレニアル世代から巻き起こったムーブメントの名の通り、20代でFIREを準備し始めた人が過半数になっています。会社を離れて自由な生活を求めているという点もイメージ通りですね。

年齢のグラフが恣意的なのは主催がソーシャルレンディングの会社なので、資産を持ってる30代以上にアプローチしたかったからかもしれません。

FIRE・セミリタイアの資産を貯めた方法は?

FIRE達成のための資産は株式や投資信託が人気のようです。労働による入金頼みの預貯金も32.3%と多いです。昨今のINDEX投資ブームを見ると投資信託が1位じゃないのは驚きですが、今現在達成している人は個別株による攻めた投資のほうが多かったということでしょう。

FIRE・セミリタイア達成時の資産額は?

リタイア資産は1000万円以上3000万円未満が最多の51.8%でした。

レポートにはこのようなコメントがありました。

「FIREは、「年収の数十倍の財産が必要」と言われることもありますが、実際には数倍程度の財産を活用する形で経済的自立を果たす方も多いようです。」

この調査の「FIRE達成者」には完全リタイアだけでなく、退職後も後も労働を続けるセミリタイアも含まれていることがわかりますね。

完全リタイアの場合は年間支出の25倍が目安と言われていますが、セミリタイア(サイドFIRE)で言えば資産額に明確な定義はありません

半分程度の12.5倍とする場合もありますがあくまで目安なので、年間支出が120万円の時の資産は1500万円で1000万円でも構わないわけです。youtubeには1000万円どころか800万、500万円という人までいます。私は実際に見たことはありませんが、100万円でFIRE達成と言うyoutuberまでいるらしいです。次は「借金一億円・持ち金100円でFIREしました!」という人が現れてももはや私は驚かないでしょう(不動産投資だったら実際ありえそうです)。

関連リンク:バリスタFIREやサイドFIREの意味とは?セミリタイアとの違いなど疑問を解消!

FIRE・セミリタイア達成後の労働形態 71.3%がまさかの〇〇!

なんと、76.0%という大多数の人がFIRE後も労働しており、うち71.3%が会社員として働いているそうです。完全リタイア者は24%しかおらず希少です。

レポートコメントの抜粋です。

会社員のままでも休日が多い仕事に転職したり、テレワーク中心に変えたりしている方が多いのかもしれませんね。」

第一印象は「え?会社員多すぎない?仕事は辞めなくてもFIREになるの?」だったのですが、よく考えたら派遣社員も所属派遣会社の【会社員】なのであり得ない数字ではなさそうです。ですが、内訳が書かれていないのでやはり何とも言えませんね。

ただ、これによって示唆されたのはセミリタイア(サイドFIRE)では資産額だけでなく達成後の労働形態もまた定義がないということです。仕事量が軽減されるだけでいいなら極端な話、「今までは自営業で毎日12時間働いていましたが資産1000万円で週5日勤務の正社員に転職しました。残業なしで帰宅できるのでリタイアして本当によかったです!」という人が現れる可能性もあるということです。なんなら仕事辞めないで残業だけ減らしても「セミリタイア」になっちゃう日がくるかもしれません。

関連リンク:セミリタイア・サイドFIREの方法まとめ

まとめ

私もセミリタイアブロガーの端くれとしてちょっとやそっとのことでは動じないつもりでしたが、セミリタイア(サイドFIRE)の意味の広さには驚かされるばかりです。広すぎてそろそろ4%ルールのようにセミリタイアに関する一定の枠組みが出てきて欲しいなとも思います。

FIREやセミリタイアの達成者を対象にした統計調査はまだまだ数が少ないので、定義が曖昧とはいえ1005人も対象者を集められた本調査に対しては一定の需要がありそうですね。

以上、ヤモリでした。

「参考になった」「興味深い」と思ったら、ポチお願いします。

セミリタイア生活 (ブログを書くモチベが上がります

関連リンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活

コメント

  1. かず より:

    おはようございます。
    面白い調査ですね。
    この調査の公表の目的が何なのか?は気になりますね。
    株や投信を買わせたいのかといったことも含めて、、、
    言われるように、会社員の中身がわからないと
    これから、セミリタイアしようとしている人には???
    になりますよね。
    賃金労働(社畜とか言う人もいますが)月○○時間以内
    とか言ってくれると分かりやすいと思います。
    どれくらい、働いているかというデータが?ですよね。
    あと、アンケートの対象が、自称FIRE?なのかですね。

  2. TF より:

    ハイパーFIREクリエイターみたいなもんで名乗ったもん勝ちですね。
    心からFIREしたいのか、商売の喧伝目的でFIRE達成しているように見られたいのかどちらなんでしょうね。
    調査やアンケートなんて与信関係や統計法で罰則が付くもの以外は年収300で資産0とか適当に書くでしょうし旧来型のリタイア民としてはどうでもいい話ではありますが・・・

  3. おまつ より:

    面白い調査ですね。こんな調査あったんだ。。
    >FIREは、「年収の数十倍の財産が必要」と言われることもありますが、実際には数倍程度の財産を活用する形で経済的自立を果たす方も多いようです
    うーん…。
    でもこれはちょっと…。
    まだ働いている人が3/4もいて、3000万円貯めてない人が過半数いるあたり見て思うんですが、調査してる対象に、ただのサラリーマン/OLって言って良いような人がかなり含まれてるんじゃないですかね?
    そもそも、「セミリタイア」の定義がいい加減過ぎるんで、名乗ったもん勝ちなんですよ。
    どの程度働くことスローダウンしたら「セミリタイア」と言えるのか、はっきりした定義ないですからね。

  4. ヤモリ より:

    >かずさん
    この手の調査は100万円単位でお金がかかりますから、営利目的なのは間違いないですね。記事ではカットしましたが投資方法については重点的に調査されていました。
    対象の「FIRE成功者」は自己申告でしょうね。資産は1000万円以上からになっていますが、「労働については本人が軽減されたと思っているなら対象」くらいのゆるいルールでやっていそう。
    >TFさん
    これだけブームになっているので宣伝目的でFIREって言っちゃうのはありますよね。ポイ活でアンケート適当に答える人も一定数いそうです。
    >おまつさん
    はじめまして、コメントありがとうございます。
    レポートを隅々まで調べましたがFIRE成功者の条件については掛かれていなかったので、相当緩くやっていると思います。1000人集めるって大変ですからね。本人がセミリタイアって思ってるならそれでいいですけど、統計情報としてはもう少し明確に定義して欲しかった気がします。

タイトルとURLをコピーしました