2021年に3500万円を貯めて37歳でセミリタイアした私は10年前、パワハラで時給1600円の派遣の仕事をクビになっていた。

【実録】セミリタイア前後の生活と気持ちの変化

おひとり様セミリタイア中のヤモリです。この記事ははてなブログ10周年記念のお題で書いたものです。セミリタイアした現在とする10年前とを比較して振り返っています。

お題:はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと

10年で変わったこと。

2021年にセミリタイアした私は、もう生活のために働かなくてもよくなりました

資産3500万円を貯めて月10万円生活をしているので、年金受給が始まる(予定の)65歳まで貯金だけで食いつなぐことができるようになったからです。

正確には正社員の仕事を退職したのち週3日程度の業務委託を請け負っているので多少は働いていますが、少なくとも働かなくては生きていけない状態ではなくなりました。セミリタイア(あるいはサイドFIRE)半年目に突入した私は絶賛「今が一番楽しい時期」を過ごしています。

10年前の私は、3500万円どころか300万円の奨学金返済を抱えて時給1600円の派遣社員でした。そして、翌年にはパワハラに遭ってクビになったり、その余波で鬱症状が出たりしていました。

詳しい経緯はこちらの記事(3500万円が貯まるまで㉕「パワハラに猛抗議するがクビを言い渡される」)を参照いただきたいのですが、なんにせよライフスタイルから考え方から行動まで何もかもがこの10年では変わったように思います。

10年後の今、退職届を出したのを機にはてなでセミリタイアブログを始めて、アドセンス広告の収益でマスコットキャラクターまで作りました。『いつまでも幸せに暮らしましたとさ』となるかはまだ先が長いのでわかりませんが、今年ブログに『今が一番楽しいかもしれない』とエントリーしたことはきっと忘れないと思います。

10年前と変わらなかったこと。

ライフスタイルも考え方も何もかもが変わったと思う私だけど、私が私であることだけは変わらなかったと思います。

世渡りの下手さも、空気の読めなさも、動揺しやすくて、理屈っぽくて、労働が嫌いなところもみーんなそのまま。アニメやゲームの趣味も卒業しなかったし、私自身を構成する芯の部分は笑っちゃうくらい昔のままです。

10年前の私にとって成長するということは自分自身をなにか良いものに変えていくことだと思っていましたが、それは裏返すと「今の自分ではダメ」という否定の考え方でもありました。これでは成長を望む限り、私は「ダメな自分」からは抜け出せないことになってしまいます。だって「今の自分で十分」と認めたが最後、修正すべき部分を見失ってもう成長できなくなってしまうからです。

本当は、そんなことをしなくても私は私のままで行動も考え方も変えていけます。そして、行動が変わると受け取る反応も変わっていくことに気づきました。

10年後の今、『』は変わらないままで『』は変わっていける。そういう手ごたえを感じています。

「なるほど」「セミリタイアに興味がわいた」と思ったら、ポチお願いします。

セミリタイア生活 (ブログを書くモチベが上がります

関連リンク:セミリタイア資産3500万円が貯まるまで①「マイナス270万円からのスタート」

関連リンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活

コメント

  1. yumenoko より:

    全文まるっと同意です。10年間で外的環境はものすごく変わりましたが、自分の本質は変わっていませんね。でもどうなっても生きていける、組織や仕事にしがみつかなくても自分を幸せにできるという自信ができました。だから、いろいろあるけど今が一番自由で楽しく幸せです。
    令和に入って、FIREが次第に市民権を得始め、またコロナ禍で在宅も定着したので、平日ぶらぶらしても然程目立たなくなりました。良い風が吹いています。

  2. ヤモリ より:

    >ゆめのさん
    ありがとうございます。FIREや在宅ワークの流行も追い風になってくれたのは本当にありがたい限りです。

タイトルとURLをコピーしました