第一次セミリタイアブームの終焉を予測する

セミリタイア論

ごきげんよう、おひとり様セミリタイア中のヤモリです。

今日は、グーグルトレンドから見たセミリタイアブームとその終焉時期の予測について書いてみました。

人気連載:セミリタイア資産3500万円が貯まるまで①「マイナス270万円からのスタート」

セミリタイアブームの始まりと最近の落ち着き

下図はセミリタイアの検索数のトレンドを過去5年間のグラフで見たものです。
これで見る限り、セミリタイアブームの始まりは2020年5月以降となっています。火付け役ともなった『FIRE 最強の早期リタイア術――最速でお金から自由になれる究極メソッド』の日本語版訳発行が2020年3月18日なので、時期的にも一致していますね。その後youtubeなどで動画が作られ始めたことを切っ掛けにFIREムーブメントが作られていき、2021年の3月~5月にかけて最高潮を迎えたといったところです。以前の検索数の2倍から3倍近い検索数になっています。

■「セミリタイア」のトレンドは2020年5月以降急増した。

直近はまだ検索数は多いものの、ややその過熱ぶりがおさまってきているようにも見えますね。第一波としてはそろそろ落ち着いてきている頃合いかもしれません。

関連リンク:【セミリタイア本】『FIRE 最強の早期リタイア術――最速でお金から自由になれる究極メソッド』を聴いてみた 

一方で、面白いなと思ったのは「投資」と「節約」のトレンドが正反対の傾向を示していることです。

■「投資」はセミリタイアとほぼ同じ盛り上がりを見せている。

■「節約」はむしろ下落気味。

これってちょっと特徴的じゃないですか?

私にとってセミリタイアと節約は密接に結びついているものなのですが、世の中的にはセミリタイア資金は「投資」で増やすものであり「節約」で貯めるものではないと思われているのかもしれません。セミリタイアブログで節約ネタを書いても人気が出ないわけです。

※注:「節約」「投資」のキーワードはセミリタイアよりももともと検索数が多く認知度も高いため、セミリタイアブームとだけ連動しているわけではありません。

つまり、株価やINDEX投資が好調なうちはセミリタイアブームも続き、景気が悪くなると同時に終焉を迎える可能性がある……とも考えられます。

関連リンク:【セミリタイア資金】お米を炊くだけで月に4200円節約できる

関連リンク:セミリタイア時の投資比率は3% 

以上、ヤモリでした。

「参考になった」「セミリタイアブームは終わらない。何度でも甦るさ」と思ったら、ポチお願いします。

セミリタイア生活 (「節約なくしてセミリタイアなし」が座右の銘です

関連リンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活

コメント

  1. yumenoko より:

    セミリタイア、FIREの前に「それぞれが自由に生きていい」「時間の有限性を知り、今を楽しむ」という時代に突入した気がします。
    節約は「欲しいものを我慢して貯蓄に励む」というスタンスですから、自由でもなく今を楽しむものでもない。だから、時流にはそぐわないのかなと感じますね。
    もちろん節約行為を楽しめる方は、それでいいと思いますが。

  2. ヤモリ より:

    >ゆめのさん
    セミリタイア=「我慢」じゃなくて「自由の謳歌」ですもんね。
    節約に抑圧のイメージをもっていると相容れないのかもしれません。
    私にとって節約は「購入金額を抑えながら自分の欲しいものも手に入れる」なので、その辺のイメージのズレもあるのかもと気づきました。

  3. deds より:

    思ったほど大したことないんだな。10倍くらいになってるような騒ぎっぷりに見えたけど

  4. TF より:

    10年位前に「『週4時間』だけ働く」って本が出たんですが、そこら辺のタイミングから蓄財した連中が現状の現在のリタイア達成民だと思われます。当時はインデックスよりも与信管理能力が低い金融機関から融資引いて不動産投資でEXITが一つのパターンでしたね。

  5. かず より:

    はじめまして。
    興味深い分析ですね。
    節約で浮いた分の一部は投資に回せると仮定すると、
    実際には、複利以上の相乗効果が見込めると思うのですが、
    人気度では、そうならないのですね。
    ということは、やはり、今回は、給付金の影響、
    セミリタイアブームは、コロナ渦での米国のバラマキが
    投資に廻ったところが大きいということになりますか?
    バラマキは終わると思いますが、その後、どうなるかですね?
    テーパリングや引き締めの話もちらほらと。
    株価だけに頼り切ったセミリタイアは、しんどいかな?と思います。

  6. ヤモリ より:

    >dedsさん
    テレビと違ってインターネット上では見ている人の関心の高いコンテンツが優先的に表示されるので、実際以上に盛り上がって見える気がしますよね。
    >TFさん
    「『週4時間』だけ働く」は2011年の発刊なんですね。
    第1次セミリタイアブームはこの頃で、今は第2、第3のブームなのかも?と思いました。
    仕事を手放して自由を謳歌しようというメッセージは不変で、10年前と大して私たちの働き方が変わっていないということの証明のようでもあります。
    >かずさん
    はじめまして。コメントありがとうございます!
    節約はノーリスクでできる投資と思っている人は少数派のようです笑
    給付金で投資を始める人は多かったようなのでその影響もありそうですね。
    乱高下しているとはいえ今は投資が絶好調で「みんなでお金持ちになれている」時期ですが、INDEX投資は落ちる時もみんな一緒だからそうなった時にどのくらいの人が撤退しないで残るのか…想像もつかないですね。

タイトルとURLをコピーしました