3500万円が貯まるまで⑯「思いがけない返事」

セミリタイア資産3500万円が貯まるまで

ごきげんよう、おひとり様セミリタイア中のヤモリです。
この記事は私が借金270万円から始まって未経験でIT業界に転職し、15年で3500万円を貯めてセミリタイアするまでを連載形式で書いています。前回は前の職場での辛い記憶を思い出して、ついに文字も読めないほど追い詰められた私が職場を逃げるように早退したところまででした。その続きです。

初回:セミリタイア資産3500万円が貯まるまで①「マイナス270万円からのスタート」
前回:3500万円が貯まるまで⑮「前の職場での辛い記憶がフラッシュバックする」

なにもかも自分が悪かったように感じられる

前々回「職歴に2度目の✖をつけたくなかった」の記事で、私はSさんやリーダーに対して同情の余地はないと書きましたが、そう思えるようになったのは実はかなり後になってからです。退職した直後はむしろ、「何もかも自分が悪かったのではないか?」とさえ思っていました。

私が内向的な性格で人付き合いが苦手だからーー。

私のメンタルが弱くて我慢が効かないからーー。

私が人として欠陥があるからーー。

無職から社会復帰して一度は取り戻したはずの自信をまた粉々にするほどには、前職での出来事は十分にストレスフルだったようです。嘘の体調不良で逃げ出してきた私は家に戻ってきてからも自分を否定することばかり考えて泣いていました。

こういう時、私はどうも自分が弱っていることを他人に知られたくないと思う傾向があるようです。幼少期の家庭環境から人に心を許すことが難しかった私は、自分が弱っていることを知られてしまったらもっと攻撃されてしまうと思って、生命の危機を感じるようになっていました。もっと人を頼っていいんだ、助けを求めていいんだと教えられたのは実家を出て最初の恋人と付き合ってからですが、わかっていればそれができるというわけでもないようです。本能と深く結びついた行動様式はその後も私を深く支配していました。

家に戻ったころには文字が読めない症状は出なくなっていましたが、解決策がない以上「また読めなくなるかもしれない」と考えてしまってそのたびに涙が滲みます。どうにかしようと頭を働かせたけれど、何も思い浮かびません

もう、この辺が潮時かもしれない。

そんなことを考えました。

思えば、人生をドロップアウトする覚悟で最初の会社を辞めてから思いがけない出会いがあって、立ち直らないまでももう少し命日を遅らせてみようという想いでサイコロを振り続けてきましたが、いよいよそれが振れなくなったのだと解釈しました。

もう、十分頑張った。ここが終着地点だってわかったんだから、それでいいじゃない。

そう自分を納得させた私は、呼吸を整えると派遣会社のコーディネーター宛てに電話を掛けました。

覚悟が決まった分、さっきよりかは幾分落ち着いた気持ちで「仕事を辞めさせて欲しい」旨話しました。理由を隠す必要性も感じなくなったので、ありのまま話しました。前職でのことを思い出してしまって仕事を思うように進めることができず、時給をいただいてもそれに見合うものを返せなくなったと。このまま仕事をし続けるのは困難なので辞めたいと思いますと。

思いがけない返事

泣き疲れたのもあってか、電話をかけたあとはすっきりしていました。

思えば随分いろんな事ができたものだと、自分を褒めてやりたい気持ちにもなりました。

無職から一念発起して資格を取って、上京して派遣で働き始めて……2年弱くらいでしょうか? やれるところまではやったと思ったらあまり悔しい気持ちも湧いてこなかった気がします。

その後、どのくらい時間をおいてかは忘れてしまったのですが、派遣会社からまた連絡がありました。

先方のご担当者の方とお話ししたのですが、事情をくみ取ったうえで会社としてもできるサポートはするからヤモリさんにその気さえあればこのまま仕事を続けて欲しいと言っています。どうしますか?

思いもしない返事でした。

私は職場に復帰後、自分の指示役でもある女性社員の方になぜこんなにまでしてくれるのか?と聞いてみたことがあります。

誰でも辛いことがあってそれをかかえてしまうのはしょうがないことだと言ったうえで、少し恥ずかしそうにしながらこう答えてくれました。

昔、彼氏が精神を病んでしまって、自分も助けになりたくて心理学のことを勉強したり資格を取ったりしたんです。でも、結局支えきることができないまま別れてしまったんです

「で、いつ年収上がるの?」と思ったそこのあなた

この時の時給は正確に覚えていませんが確か1600円くらいだったと思います。上京して以来あまり年収は変わっていませんね。貯金も大して増えませんでした。

しかしながら、派遣社員として入ったこの会社で私は派遣社員→契約社員→正社員を経てセミリタイアし、現在は業務委託のクライアントとしてお世話になるなど大変縁が深い関係となっていきます。

実際に年収が上がっていくまでにはもう少しお話を進める必要がありますが、引き続き昔話にお付き合いいただければ幸いです。

次回に続きます。

「おもしろい」「続きが気になる」と思ったら、ポチお願いします。

セミリタイア生活 (進みが遅くてすみません……

初回:セミリタイア資産3500万円が貯まるまで①「マイナス270万円からのスタート」
次回:3500万円が貯まるまで⑰「職場の嫌な記憶から立ち直るためにしたこと5つ」

関連リンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活

コメント

  1. TF より:

    良い上司ですねぇ~
    ITバブルの頃、ストレスで声が出なくなった社員がいたのですが、
    上司「声が出ねぇならチャットがあるだろチャット」で
    翌日から何事もなかったかのようにチャットで業務してました(狂ってる)w

  2. ヤモリ より:

    >TFさん
    狂ってますね(^^;
    そんな職場でTFさん自身も理不尽な目に遭っていないのか心配になってきます????

タイトルとURLをコピーしました