セミリタイア5ヶ月目、お昼寝タイムが復活しました。

【実録】セミリタイア前後の生活と気持ちの変化

ごきげんよう、おひとり様セミリタイア中のヤモリです。

セミリタイア開始から早くも5か月が経とうとしておりますが、セミリタイア済みの皆様も絶賛労働中の皆様もいかがお過ごしでしょうか?

人気連載:セミリタイア資産3500万円が貯まるまで①「マイナス270万円からのスタート」

PVアクセスランキング にほんブログ村

セミリタイアなら時間が自由に使えます。

私ヤモリはセミリタイア後も会社員時代と変わらない内容でお仕事を続けておりますが、退職してよかったことは時間に縛られなくなったことです。

まず、始業時間がないので何時に起きて仕事を始めるかは自由です。

そして、休憩時間も決まっていないので食事の時間も自由です。

さらに、残業規定にも縛られませんので申請なしで深夜の作業も自由です。

当然、コアタイムもありませんので「今日は終日仕事の予定だったけど気が変わったから映画でも見に行こうかな」が発動可能です(映画『フリー・ガイ』面白いよ! ゲーマーでオタクで私大歓喜)。

その日の打ち合わせ時間にもよりますが、時間に身体を合わせるのではなく身体に合わせて時間を使えるのがメリットです。

食後の眠気に対抗する必要もありません

また、お昼ご飯の後などは睡魔に襲われてついウトウトした経験はないでしょうか?

会社員だった頃、食後の魔の13~14時を乗り切るために様々な手段を講じておりました。

糖質を摂取することにより血糖値が急激に上がってまた下がる過程で眠くなるらしいので、最初にサラダを摂取して血糖値を緩やかに上げる食べ方をしたり、逆に血糖値をゆっくり下げるために食後にナッツ類をおやつにしたり、炭水化物を控えてお腹いっぱいに食べないように量を制限したりと涙ぐましい努力をしていましたが、今や自由なセミリタイア生活者ですので食後は眠かったら寝ます。保育園以来のお昼寝タイムの復活です。

自由には大いなる責任が伴います

本日も遅めの昼食のあとお昼寝から目覚めて、シャワーで汗を流した後にこれを書いています。丁度、陽も落ちてきていい頃合いになったので晩御飯のお買い物に行ってからお仕事しようかななんて思っていると大体何もせずに一日が終わるのでご注意ください。夏休みの宿題を8月末にやるタイプの人は要注意です。自由には大いなる責任が伴うのですよ……(震え声)。

以上、ヤモリでした。

「参考になった」「おもしろい」「共感する」など感じるものがあったら、ポチお願いします。

セミリタイア生活 (ブログを書くモチベが上がります)

関連リンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました