セミリタイア後の仕事が決まった経緯。時間単価の交渉など。

開業してフリーランスに

ごきげんよう、おひとり様セミリタイア中のヤモリです。

私は現在、退職前の職場から業務委託で週3勤務相当の仕事をいただいているわけですが、どういう経緯でセミリタイア後の仕事が決まったのか、また単価交渉の際にしたことについて参考までに書きます。

最初は断られました

実は、私が退職を決めるよりも少し前に上長と会話してて、

例えば、私が退職したら業務委託で今の仕事ちょっともらったりできます?

と聞いたことがあります。

確かその頃、電通かタニタが正社員を一部退職させて個人事業主として雇い直すというニュースがあって、「そういえばうちの会社の業務委託の方も元社員だった方が多いですよね」って話しからその延長で聞いたような気がします。

セミリタイアしようと思えばできそうな時期が見えてきてたので、下心ありありの質問だったわけですが、

重要な仕事を外部の人に任せるよりも正社員を採用してその人に任せたほうがいいからそれはないかな

と言われました。

上司が私の下心に気づいていたかどうかは定かではないですが、一度はきっぱりと断られた形なので当然退職後は転職活動をするつもりでいました。しばらくは失業給付も出るし、業務委託でも派遣でも週3程度の仕事が見つかればいいなあくらいに考えていましたが具体的な活動はまだ始めていませんでした。

退職の意思を伝えてから半年後…

その後しばらくたってから退職の意思を伝えたのですが、半年後くらいに「退職の意思は変わらないの?」って聞かれたので、「はい」って答えたんです。

そしたら、

業務委託で仕事することも考えておいて~

と、軽ーい感じで言われました(^^;

あれ?業務委託の可能性はないと言われていたような……」と最初は混乱しましたが、就活なしで仕事が見つかるなら願ってもない話だったので「じゃあ、お願いします」となったわけです。

時間単価の交渉

その後、時間単価の交渉では基本的に当時の年収を時給換算した金額に社会保険料などを加味したもので交渉しました。一応似たような職種のフリーランス相場も調べてみて、高すぎない金額に収まっていることは確認済みです。あとは今自分がしている仕事をベンダーに発注した場合の見積もり額も参考にしました。ベンダーの方は結構お値段が高めだったので、私の方に依頼した方が十分お得感が出せる金額になっていたと思います(^^;

値引いてもないですが、特に上乗せもしていない防衛ラインの金額を最初から伝えたのはよかったのか悪かったのか……。こういう駆け引きは苦手なので、値引かれる前提の金額を伝えるとかはしなかったですね(本当はそういうパフォーマンスがあった方が相手も納得できるのかもしれませんが。営業職じゃないのでよくわかりません)。

値切られそうになった時は「値段が高いと感じるなら私に要求を満たすスキルがないということだと思うので、それならば潔く退職して勉強しなおそうと思います」という態度で臨んだら希望が通りました。

まとめ

上長が最初に「業務委託の可能性はない」と言ったときは退職者を出さないためにそういったのかもしれませんし、本音としてはそうしたいけど採用が滞っているから当面は業務委託でしのぎたいと思って今の状況になったのか、本心は不明です。

わからない以上は今の仕事がある状況はボーナスタイムだと思って続けるつもりです。こういう交渉ってあんまり経験もないから結構悩んだんですけど、他に経験者の方いましたらコメント欄などで教えていただけると嬉しいです。

以上、ヤモリでした。

「参考になった」「気になる」と思ったらポチお願いします。

セミリタイア生活 (ブログを書くモチベが上がります)

人気連載:セミリタイア資産3500万円が貯まるまで①「マイナス270万円からのスタート」

関連リンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活

コメント

  1. TF より:

    同じように大手関連の案件で口に糊してますが、
    大手の管理者の力学ですと、会社が小銭を儲けるより、いかに自分の業務負担が増えないかとか、
    問題時のトラブル回収のスピード、自分へのリスクの波及がどうかとか、そんなことのほうが重要な感じですね。
    マネジメント層である彼らに、量産型のビジネス書にあるような「ドア・イン・ザ・フェイス」「フット・イン・ザ・ドア」「Yes Set」とか、
    小賢しい交渉をすると逆に不利になると思いますので、結局は誠実に信用を積み重ねるのが一番だと思いますよ。
    理想は先回りで顧客の問題解決をして、自分でやったり他社に変更したりするのが面倒になる位依存してもらう事ですね。
    請求時に「信用してますんで」と有難いお言葉をいただける状況までもってけるとその顧客は長く付き合えます。
    逆に論拠もなく値切る人間とか、発注者目線で尊大な態度の人間は疲れるだけなので付き合わないのが一番だと思いますよ。
    仕事を選べるのがセミリタイアのメリットですので、合わない人間とは最初から付き合わないのが一番です。

  2. zhizuchangle より:

    >しばらくは失業給付も出るし、業務委託でも派遣でも週3程度の仕事が見つかればいいなあくらいに考えていました
    個人事業主だと無理ですが、失業給付期間は派遣週2回にして失業給付と給与のダブルインカムが理想的です (-ω-)/

  3. ヤモリ より:

    >TFさん
    コメントありがとうございます!
    業務委託1人の時間単価が多少増減した程度で致命傷を受けるわけでもないですしね。その時の交渉してた人も特に粘るような感じではなかったので、「一回は値段交渉した」というモーションが重要だったのかもしれません。
    交渉に時間を掛けたいわけでもなかったので、最初から最終希望価格を提示するでよかったんだなと自信が持てました。ありがとうございます!
    元社員なこともあって事業のKPIや内部構造もよそ様よりは知っている分、事前のインストールやコミュニケーションコストがかからないことをメリットにサービス提供していければと思っています。

  4. ヤモリ より:

    >知足常楽 (id:zhizuchangle)さん
    ブクマの返信している間にこちらにもコメントが笑
    週勤2回だと失業給付受け取れるのは知らなかったので驚きでした。次に失業給付を受ける時の参考にします!
    https://zhizuchangle.hatenablog.com/entry/2020/06/07/101215
    ↑の記事も参考になる方がいると思うので張っておきますね。
    (迷惑でしたら削除しますのでご指摘ください)

タイトルとURLをコピーしました