3500万円が貯まるまで④「新卒で入った会社を3年持たずに退職」

セミリタイア資産3500万円が貯まるまで 挫折編 セミリタイア資産3500万円が貯まるまで

前回:3500万円が貯まるまで③「仕事ができない子」

ごきげんよう、おひとり様セミリタイア中のヤモリです。

前回は私が仕事のできない落ちこぼれだったことで病み、ついには人生のリタイアを決めてしまうというところまで書きました。その続きです。

新卒で入った会社を3年持たずに退職

その後まもなくして新卒で正社員入社した会社を退職しました。3年持たなかったです。落ちこぼれ続けた私は、引き留められることもなく……すんなりと退職です。

毎日、同じ会社に通って、パソコンの前に座ってヘッドセットを付けて、秒単位でステータスを監視されながらただただ電話を取り続ける日々に、「この先40年近くも同じ毎日を続けるのだろうか?」とふと思ったことがあります。

周りの先輩方はその業界の未来に対して意見を持っていたり、スキルを磨くことにやりを感じているように見えました。でも、私はどうしてもそういった展望を持てなかったんです。電話応対において優れた仕事をする先輩方を尊敬しておりましたが、私自身がそうなれるような気はしませんでしたし、ぶっちゃけた言い方をすれば業界そのものにもあまり興味を持てませんでした。(社会にとって必要であり貢献していることは理解していましたが、個人的な食指が動かなかったという意味です)

上司との定期面談で思い切ってそのことを相談したことがあります。

どうしたらもっとこの業界に興味を持てるようになるでしょうか? そうしたら先輩方のようにもっと仕事を好きになれると思うんです

上司は言いました。

そんなことで悩まなくていいよ。仕事は仕事だもの。みんな別に好きだから仕事しているわけじゃないと思うよ?

私は「そうですよねー」みたいな相槌を打って、面談はそこで終わりました。

上司はもしかしたら深刻に考える必要はないと元気づけたかったのかもしれません。ですが、結果的にはこの会話がきっかけとなって私は退職を決めることとなりました。

頑張っても成果は出せず、頑張り続けたい理由も持てなかったからです。

いざ人生からリタイアすることを決意してみると、段々楽しくなってきた

退職時点でいくらかの貯金はあったものの、到底その後も暮らしていけるような金額ではありません。落ちこぼれの私は就活したところでまた同じことを繰り返すだけだと容易に想像できましたから、「貯金が尽きた時が命日」だと思って辞めました。

ですが、いざ「もう頑張らなくていいや」と思うと、今度は段々ワクワクしてきました。

できるだけ苦しまないドロップアウトの仕方を調べながら計画を練っていくのですが、「〇炭を買う時はサンマと一緒に買うと怪しまれない」とかいう雑学もこの時知りました。「物件の中や電車への〇び込みは後処理に迷惑がかかるので〇〇〇がいい」とあったので、そこまで行くための交通手段を調べながらどうせ最後なら途中で観光でもしていこうかなと考え始めるくらいでした。

考えてみればそれまでずっと私は「社会の歯車になるためには〇〇できなければいけない。でも、できない。じゃあ、どうすれば……」と相手の要求に応えることばかりで、自分のしたいことなんて微塵も頭にありませんでした。なので、例えそれが自分の最後の日を決めるという作業であっても本当にやりたいことのためにあれこれと活動できることが久しぶりで、まるで遠足の準備のように楽しかったのです。

誰かに言われたからでも、役割を割り当てられたからでもなく自分自身が望んでいることをしようとしている。それだけで気分が高揚しました。

どうせ最後なら……〇〇しよう!

どうせ終わらせるつもりなら、最後になにか普通ならできないようなことをしてみようか。そんなことを考えました。

普段の私なら出来そうもないこと……。

今までやったこともないようなこと……。

普通はやらなそうなこと……。

う~ん……銀行強盗とか?

(すみません。この頃、海外ドラマのプリズンブレイクにハマってたんです)

でも別に銀行強盗はそこまでしたいことじゃないなと思ってやめました。

冗談は置いといて、超高級料理店でおなか一杯食べるでも、借金して世界一周旅行でも、バンジージャンプでも、後のことを考えずに何かできるのは今だけだなと思うと、何もしないで終わらせてしまうのはそれはそれで勿体ないような気がしてきました。

続きます。

「面白かった」「続きが気になる」と思った方はポチお願いします。

セミリタイア生活 (ブログを書くモチベが上がります)
関連リンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活

次回:3500万円が貯まるまで⑤「仕事が楽しいなんて思ったことない」

コメント

  1. TF より:

    当時の彼女がスコフィールドがカッコイイっていうもんだから坊主にしたら、無事あばれる君になりました(爆)

  2. ヤモリ より:

    マイケル・スコフィールド、イケメンですよね♡ あばれる君も親しみがあって好きですよ!

タイトルとURLをコピーしました