開業届を出してきました…え、控えがいるの?

開業してフリーランスに

ごきげんよう、ヤモリです。

今日、開業届を出してきたのですが失敗してしまいました。

これから出す人がいれば二の舞にならないよう、注意喚起も込めて書きます。

開業届のメリットデメリット

以前も書いた通りです。年間20万円以上の利益が出る副業なら、開業届を出した方が青色申告の控除枠が使えるのでお得です☆

開業日はいつがいい?個人事業主の開業届を出す前にチェックしておくべき項目

提出書類のテンプレートをダウンロード

国税庁のサイトからPDFを編集してダウンロード。

2枚つづりで1枚目が提出用、2枚目が控えになっています。

https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/pdf/h28/05.pdf

いざ、税務署へ

必要事項をもれなく記入、これをコンビニでプリントアウトしてそのまま税務署に持ち込みました。この時、コピー代をケチりたかった私は「記入事項はPDFで持っているんだし、控えはいらないでしょ」と思って、提出用だけを印刷したのです。内容見たいだけならそれで十分ですし……。

しかし、提出の時にこう言われました。

控えは今お持ちじゃないですか?

「はい。家にあります」

控えに受領印は後から押せませんが、いいですか?

「え、後で控えの提出を求められたりするんですか?」

うちは求めませんけど、それでいいならいいです

(受領印……そもそも控えって保管用だし、提出用が受理されるならそれでいいのでは? 実は受付されてなかった時に後でもめるとかかしら?)

「あの…一応、受領印押した状態で写真だけ取らせてもらってもいいでしょうか?」

どうぞ。それで通用するかはわかりませんけど

その後、開業届と青色申告申請書は受理されました。

それ自体は1分くらいで終了です。

(´・ω・`) 受付のおばちゃん、随分気になる言い方するやん?

その場でもっと突っ込んで聞けたらよかったんですけど、そこで突っこめないのが私

後で家に帰ってから調べましたよ!

開業届の控えが必要なのは、こんな時でした。

  • 屋号で銀行口座を作る場合
  • 法人用のクレジットカードを作る場合
  • 事業資金の融資を受ける場合
  • キャッシュレス決済を導入する場合
  • 小規模企業共済に加入する場合
  • 持続化給付金の申請で新規開業特例を受ける場合

(´・ω・`)むっちゃ使いますやん。 

提出先が写真でもいいとしている場合はそれでOKなこともあるようだけど、基本的には控えのコピーがいります。特に小規模企業共済は加入を検討していたのですが、受領印の押された控えのコピーが必要でした。ぐぬぬ……。

誤って控えを紛失してしまったら

仕方がないので、対応策も調べましたよ。

開業届の控えを無くした場合は300円と身分証明持って税務署に行くと提出用のコピーを再発行してもらえるらしい。

でも開業届を再提出する場合は手数料かからないから0円です。書式も一緒。(青色申告申請書の出し直しは不要)

というわけで……

(´;ω;`)今週もう一度行ってきます。

関連リンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました