セミリタイアしてから月の感覚がありません

【実録】セミリタイア前後の生活と気持ちの変化

ごきげんよう、ヤモリです。

セミリタイアして3か月がたとうとしています。

週休4日生活にもすっかり慣れてきたのですが、その感覚について書きたいと思います。

関連リンク:休日は週に4日あると丁度いい

現在私は週に3日、曜日を決めて在宅で働いていてそれ以外の日が休みです。

これは正確にはまだ有給消化中で勤怠管理が発生している都合上、1日の稼働時間をある程度確保する必要があるためです。半休という制度がないのでどうしてもまとまった稼働時間が必要なんですね。仕事内容的には一人で在宅でやっているので、時間の制約はありません。

理由はもう一つあって、打ち合わせや会議の依頼をばらけさせずにまとめるためでもあります。打ち合わせは一回当たり30分~1時間程度のものを複数の相手から散発的にいただいていて、会議と会議の間の時間が長いと暇を持て余してしまいます。週休4日というからには朝から晩まで時間を気にしないお休みがやっぱりほしいので、あらかじめ「会議は〇曜日に入れてください」と予告しておくことでコントロールしています。

タイトルの「月の感覚がない」は、この週休4日生活を続けていて感じたことです。

いつもなら5月はGWがあるから楽しみとか、6月は休みが少ないから憂鬱とか、連休を目安に月の感覚があったのですが、今はそれがありません。どこまで行っても週休4日というペースが変わらないからです。

連休自体が嬉しいという感覚はあります。会社本体がお休みになるとチャットやメールが静かになるので、その意味で気楽です。ですが、連休が来る前のあの指折り数えてその日を待つようなワクワクした気持ちにはもうならなかったですね。

同じ意味でボーナス月も今までは楽しみな月でしたが、これからはそういった感覚もなくなっていくのでしょう。

以前の記事でセミリタイアしてから孤独だと書きましたが、こういう生活のメリハリのなさもそれに一役買っているような気がします。

イベントごとがないと暦感覚が本当に薄れていきます。定年退職した人が仕事をやめた途端急にボケるというのは年齢のせいばかりではないんだなと、他人事ではない危機感を感じています。

関連リンク:セミリタイアしたら孤独すぎてつらい

そんな時、孤独すぎて「フリーランス 孤独」で検索して出た漫画が共感しかありませんでした。

おひとり様でセミリタイアしようとしている人は、似たような経験をするかもしれないので参考にしてみてくださいw

引用元:【実録】フリーランスの「孤独」すぎる日常

私がオンラインゲーム始めたのも孤独を紛らわせたかったからです。

人の気配を感じられる空間にいたいというか、あわよくば同じく孤独を持て余している友達ができないかなとか(笑)

結局ソロでずっとやっていますけどね。

おひとり様だからなんでも自由にできてセミリタイアについて何か言われることもないけど、こういう時はパートナーや家族がいる人が本当に羨ましいです。

関連リンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました