退職所得申告書を提出しました。

退職手続き

ごきげんよう、ヤモリです。

気づいたら前回のブログから一週間経ちそうになってました。特に決めてないけど週一回程度は更新したいです。

退職所得申告書を提出しました

正式名称「退職所得の受給に関する申告書」とは、会社を退職して退職金を受け取る時に、退職前に勤務先に提出する申告書です。退職金は税制優遇があって勤続年数によっても控除額があるのでその計算のために出すんですね。と言っても必要事項は人事が記入しておいてくれたので、私は署名捺印とマイナンバーカードの個人番号を書くくらいでした。

退職金規定によれば退職前の年収とほぼ同額が退職後一か月くらいで振り込まれるみたいです。コロナ禍でボーナスがかなりダメージを受けたので当初の想定より100万円程度少なくなりそうですが、ありがたいことには変わりありません。勤続年数も短いので税金はがっぽりとられそうですが、この場合10年以下の勤続年数でも退職金が出ることの方に感謝ですね。

退職金で散財に注意と言うけれど

退職金が出る時の注意として、「大金が手に入ると気が大きくなって散財」というのがあります。定年退職で数千万の退職金を得た人が、世界一周旅行やら、家のリフォームやら、車の買い替えやらであっという間に減らしてしまい、悠々自適なはずの老後生活費が足りなくなって……というやつです。嘘かホントかネットニュースでたまに流れてくるので自分も気を付けようと思います。

でもよく考えてみたら、退職金って大金って感じしないんですよね。

これはセミリタイアしようとしている人ならわかってもらえる気がするのだけど、退職金をもらう前にすでに〇千万円単位で貯蓄してきているので、通帳に8桁の数字が書かれていても気が大きくなるどころか「日常」という感じなんです。私の場合、退職金額は一千万もいかないので、余計に少なく感じます。これっぽっち、あっという間になくなる金額ですから、とてもじゃないけど「贅沢しよう!」という気にはなれません。

物欲がびっくりするほどない

そもそも私が贅沢で思いつくことがしょぼいものしかないというのもあります。

家は賃貸だからリフォームしないし、車の運転も苦手、お家大好きっ子なので海外旅行もしません。(行ってみたい気持ちはなくもないのだけど…そこまで強くもない)せいぜい、外食を楽しんで日帰り温泉とマンガ喫茶で一日中のんびりしようかな♪くらいしかパッと思いつくものがないです。趣味の本は節約中の普段から特に我慢しないで買っていて、月に2~3冊読めればいいほうだからこれも1万円いかないです。

はい、物欲がありません。あ、でも9桁(1億円)の臨時収入があったら、広いキッチンがついてるペット可の物件を買って保護猫をお迎えしたいです。

みなさんは今欲しいものって何かありますか?

関連リンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました